梅の谷

サイズ:350ミリ×350ミリ   アクリルガッシュ・ケント紙

東の野に かぎろひの 立つ見えて
かえり見すれば 月傾きぬ   (万葉集巻一 48)

柿本人麻呂がこの句を詠んだのは、692年の初冬。一説によれば旧暦11月17日だったとか。
今の暦なら1月ですね。 早咲きの白梅なら咲いていたでしょうか?